日本の大学からアメリカの大学へ編入する方法

ニューポルツ校

以前ブログでものアメリカの語学学校やコミュニティカレッジおよび大学への進学、コミュニティカレッジから四年制大学への編入制度についてご説明をしました。

🔗トランスファーってなんですか?

今回は最近お問い合わせの多い、日本の大学からアメリカの大学への編入についてご説明をしたいと思います!

日本の大学からアメリカの大学に編入はできるのか?

日本の大学からアメリカの大学への編入について、答えは「可能」です!

日本の大学では大学3年次編入において「帰国生枠」を持っているような大学もあり、日本以外の国に留学していた学生の特別入学枠を設けていたりもします。

そのため日本の大学からアメリカの大学の編入にする場合も、日本の大学で2年生が終わったところだからアメリカの大学の3年生に編入ができるのかなと思われる方も多いのですが、それは残念ながら違います。

アメリカは単位制のため、日本の短大や大学の学位を持っていたとしても今まで取得した単位がどのくらい互換できるかで卒業までに必要な年数が変わってきます。

実は日本の大学からアメリカの大学への編入は今まで履修してきた単位や就学年数をすべてカバーして互換できることは少ないのです・・・。

編入のメリット

しかし、アメリカの大学編入のメリットとしては今まで履修をしてきた単位を互換できるチャンスがあるので、日本の大学のように新入生と一緒に試験を受けてやり直しということはありません。

さらにアメリカの大学編入の場合は新入生の時の入学とは違い、一部の名門私立大学を除いてはSAT(Scholastic Assessment Test:大学能力評価試験)やACT(American College Testing Program)が要求されない大学が多く、日本の大学で履修をした経験があるのであれば編入生として手続きができるほうが入学において必要な試験勉強も少なくて済みます。

そのため編入生の場合は日本の大学のGPA(Grade Point Average:評定平均値)が大変重要となります。

また、日本の大学のように入学した大学を辞めたい場合には中退や退学ということはなく、転校や途中休学をすることも自由で、かつ今まで履修してきた単位は一生残るので、何十年とブランクがあってもその単位をもって大学に戻ったり、他の大学に編入をすることができます。

そのため日本の大学に在籍中、中退や退学、大学を卒業していたとしても履修してきた単位を活かしてアメリカの大学に編入することができるのです!

どのくらい単位互換できる可能性があるの?

セメスター制の場合、四年制大学卒業までに約120単位、二年制大学卒業までに約60単位の履修が必要となります。

大学により多少異なりますが、多くの四年制大学への編入においては最大80単位まで日本の大学で履修をしている単位を互換することができるので、最短1年半でアメリカの四年制大学の学位(Bachelor)を取得することができます。

また同じく、二年制大学の場合は最大30単位まで日本の大学で履修をしている単位を互換することができるので、最短1年で二年制大学の学位(Associate Degree)を取得することができます。

編入をする場合に必要な書類は?

まず、日本の大学からアメリカの大学に編入する際になのは主に下記の2点です。

①日本の大学の英文成績証明書

②英語力証明(TOEFL、IELTS、Duolingoなど)

これ以外は大学により異なりますが、エッセイや推薦状、高校の成績表などがあります。またアート系の大学ではポートフォリオやパフォーマンス動画の送付を求められることもあります。

今まで専攻していた専攻とこれからアメリカの大学で専攻したい分野が近ければ近いほど単位互換ができる数は多い可能性があります。

反対に、今までの専攻と全く違う専攻の場合は単位互換ができるのはGeneral Education(一般教養科目)の部分になることも多いので、卒業までにかかる年数は今までの専攻と近いか異なるかで変わってきます。

どのくらい日本の大学で取得した単位が互換できるのか確認をして、アメリカの大学卒業(学位取得)までにあとどのくらいの単位数が必要になってくるか、アメリカの大学に編入する際は大学にこれらの書類を提出してどのくらい単位互換ができそうか確認をしてもらうことができます。認定の判断材料として各科目の詳しい記述や授業の概要を記したシラバスなどを英文で提出することも必要な場合があります。

※大学によっては単位互換はThe National Association of Credential Evaluation Services (NACES®)という評価団体に加盟している第三者機関を通して単位互換がどのくらい可能か確認をする必要があります。

多くの大学では日本の大学でのGPAは2.5以上(4段階)で必要となってきます。

編入する際にもGPAが高いと入学と同時に応募できる奨学金もありますので、GPAはとても重要となります。

評定平均値の出し方は大学によって様々で、実際にご自身が計算された日本の大学のGPAと大学側が評価するGPAが異なる場合もありますので、編入に興味がある場合にはまずは英文成績証明書を弊社までご提出いただき、大学側へ査定をしてもらうことをお勧めしています!

実際の単位互換の決定・認定はについては合格後または入学後に大学側のRegistrar’s Office(レジストラーズオフィス)と直接話し合い、決定されることも多くあります。なので事前にしっかり情報の入手しておき、編入先大学の科目や互換ルールをよく理解したうえで、準備物を用意しておきましょう。

アメリカの大学に編入したい?どうすればいい?

まずは私たちにご自身のご状況について下記の項目のようなことををお伝えいただき、編入先となる大学を絞り込んでいくこととなります。

  • 日本の大学の専攻
  • 大学ではどのような科目を何単位分履修しているか(英文成績証明書の提出)
  • 大学のGPA
  • 英語力
  • アメリカの大学ではどのようなことを学びたいのか
  • どのエリアに留学したい
  • ご予算 など

また、日本の大学から編入ができる四年制大学やコミュニティカレッジについては「アメリカの大学に編入する」カテゴリーの学校もご覧いただき、どの大学が自分には合いそうか、どの大学なら編入できるかについてはぜひSKYUSまでご相談ください!

アメリカでの生活や留学に関するご質問はこちらから

LINE相談
LINEで相談
無料カウンセリング
電話相談
留学診断
留学診断

LINEで最新ニュースや新着記事をGET!

アメリカ留学.US公式アカウントにてアメリカ留学や現地の生活、ビザのことなど最新ニュースを配信しております!
ぜひお友だち登録をしてアメリカ留学についての情報収集をしてください♪

友だち追加