アメリカのビザについて

アメリカ留学 / アメリカ留学 基本情報 / アメリカのビザについて

アメリカ留学で必要なビザについて様々な種類があります。
ビザ申請は一度落ちてしまうと再取得が難しくなるケースが多々あるので、慎重な対応が必要になります。
自分にとって、どのビザが一番ふさわしいかや、取得まで用意する書類、大使館面接の段取りなど、安心していただけるようにサポートしております。

ESTA<電子渡航認証>(ビザ免除プログラム)

3ヶ月未満の語学留学で主に使われるビザになります。授業時間が週18時間を超える場合はF-1ビザが必要になります。

対象・ビザ免除プログラム(VWP)参加資格のある国民(日本国籍であれば問題なし)
・商用または観光目的での渡米アメリカへの渡航が90日以内であること
・観光ビザを持っていないこと
有効期限2年間(パスポートの有効期限が2年未満の場合はその有効期限)

B-2ビザ(短期観光ビザ)

対象・短期観光を目的に渡米する方
・友人や親族の訪問、治療、同窓会や社交、奉仕活動など娯楽や休養を目的とする方
・ビザ免除プログラムを利用できない方(ビザなしで渡米できない方を含む)
有効期限申請者の経歴や渡航目的に基づいてアメリカ大使館領事の判断で決定されます。
※1回の入国ごとにビザの申請が必要

F-1ビザ(学生ビザ)

滞在期間が3ヶ月以上の一般的な留学で必要になるビザになります。
3ヶ月未満でも学校の授業時間が、18時間以上/週だとF-1ビザが必要になります。

対象大学院までの学生または米国にある認定されている大学、私立高等学校、認可された語学学校などで学ぶ方
有効期限最長5年
※学位を取得した学生には専門分野での実務研修を前提とした1年間の就労(OPT:Optional Practical Training)が認められています。
OPTの企業の斡旋についてもサポートしておりますので、お気軽にお聞きください。

M-1ビザ(専門学校生ビザ)

メイク専門学校、パイロット専門学校、マッサージ専門学校など、専門学校に通うためのビザになります。

対象・学位を目的としない技術習得のために専門学校や職業訓練校で学ぶ方
・職業的な教育または研修を受ける方
有効期限学校就学期間(一般的には短期間)

J-1ビザ(国際交流訪問者ビザ)

アメリカで生活をしながから働く体験ができる有給インターンシップ制度で必要なビザになります。

対象・米国国務省が認定する14のプログラムの申請条件を満たす方
ビジネス系インターンシップに参加するには、「トレイニー(Trainee)」と「インターン(Intern)」の二つプログラムがあります。
インターンは大学生と卒業して1年以内の方、トレイニーは職務経験をもつ社会人という分け方になります。
有効期限トレイニーは最長12ヶ月または18ヶ月、インターンは最長12ヶ月

Q-1ビザ(国際文化交流ビザ)

日本文化を伝えるなどの目的で、受け入れ団体や参加者が申請して認められてから取得できるビザになります。
国際的文化交流プログラムについては、取り扱っておらず、確認をお願いします。

対象自国の歴史、文化、伝統などを広める為に米国移民局が許可をした「国際的文化交流プログラム」に参加する方
有効期限最長15ヶ月

アメリカ留学を知る

無料カウンセリング実施中

学校の詳しい情報、留学後のキャリア相談、留学費用など
お気軽にご相談下さい。

電話でのお問い合せ
03-5786-1850
(受付 10:00-18:00 日・月・祝日休み)