【11月27日】Zoom Uのデメリット

Zoom UとはZoom Universityの略で、大学や学校に通わず、オンラインで自らコースを取って学習するバーチャル・セルフラーニングのことです。

こちらの記事でもお伝えしている通り、オンラインラーニングには時間管理能力を身に着けたり、ライフスタイルに合わせて自分のペースで学習出来たりと、メリットもあります。しかしながら、深刻なデメリットも存在するのです。

Los Angeles Timesの記事によると、リモートラーニングになった途端に、それまで良い成績を取っていた10年生のアンドリュー君がそれまでのように良い成績が取れなくなってしまったそうです。そして、その原因が、彼の家庭環境にあったそうです。

裕福な家庭ではない生まれのアンドリュー君は、両親は共働きで家におらず、誰も彼の勉強を見てあげることが出来ず、更に家のインターネット環境も悪かったため、授業の途中で何回もクラスルームに入れなくなったりで、ついには授業についていけなくなってしまったんだとか。

このように自宅学習だと、家の環境で受けられる教育の質にばらつきが出てしまうのは悲しいですが、アメリカでは現実的に起こっています。

元々自分のペースで勉強を進められる子はリモートラーニングでも問題ないのかもしれませんが、そうでない子にとっては大きな問題ですね。

一刻も早く、学校が元の状態に戻ってくれることを願います。

要約:Zoom University is cheating students out of a proper education