【11月8日】アメリカドルへの両替はどんな方法がある?

アメリカをはじめ、海外の特に先進国では日本以上にキャッシュレス化が進んでおり、多くのお店でクレジットカードが使用できるため多額の現金(ドル)を持ち歩く必要はありません。

しかしホテルや飲食店でのチップ、公共交通機関の乗車賃など現金が必要な場面は必ずありますので、キャッシュパスポートなど現地のATMで現金を下ろすことができる手段を持っておくことはもちろん、日本出国前に5~10万円ほど日本円をアメリカドルに両替しておくのが安心です。

アメリカでも日本円の両替はできますが、アメリカドルは日本でたくさん流通しているため、現地で両替するより日本で両替するほうがレートがお得になる傾向があります。また、現地到着後ですと到着時間によっては空港の両替所が閉まっていることも想定されますので、必ず日本でアメリカドルを両替してから出発しましょう🧳

日本円からアメリカドルへの両替方法

①銀行、両替店(レート△、安全性◎)

外貨両替専門窓口のある銀行、または有人の両替専門店で両替するパターンです。空港にもあります。

信頼性、安全性では一番ですが、手数料は他と比べると高くなります。また銀行の場合15時に閉まってしまうので、時間に余裕を持って出かけましょう。

②金券ショップ(レート○、安全性○)

銀行や両替店よりレートが安いことが多く、営業時間も長いことが一般的です。

ただ偽造紙幣が紛れ込んでいる可能性がゼロではなく、紙幣が汚れていることもあります。安全で綺麗な紙幣を求める方は①がおすすめです。

③インターネット宅配サービス(レート○、安全性◎)

インターネットから24時間いつでも申し込みができ、レートも比較的安く安全性も高いため、前もって準備できる場合はおすすめの方法です。

支払い方法や両替金額によっては郵送料、振込手数料、代金引換手数料がかかる場合もあります。

留学準備については「よくある質問」もチェック!

留学準備や留学生活など、みなさまからよくご質問いただく内容をまとめています!ぜひご覧ください!

アメリカ留学のよくある質問

アメリカ留学に関するご質問はこちらから

LINE相談
LINEで相談
無料カウンセリング
電話相談
留学診断
留学診断

LINEで最新ニュースや新着記事をGET!

アメリカ留学.US公式アカウントにてアメリカ留学や現地の生活、ビザのことなど最新ニュースを配信しております!
ぜひお友だち登録をしてアメリカ留学についての情報収集をしてください♪

友だち追加