【1月10日】続報:アメリカの学生ビザ申請は今年度も郵送で手続きが可能に!

10月11日に掲載をしておりましたデイリーニュース記事「アメリカ学生ビザ申請 面接の必要がなくなった!?」も改めてご参照いただけたらと思いますが、なんと今年もアメリカの学生ビザ申請において郵送で手続きができる期間が2022年12月31日までとなり、条件が変更となりました!

学生ビザ(F・M)、または交流訪問者(J)ビザを申請する日本国籍の方への重要なお知らせ【2022年1月5日発表】


2021年12月28日より2022年12月31日までの期間、日本国籍の方で、F、Mまたは一部のJビザ(中高生、大学生、教授、研究者、短期滞在学者、専門家に限る)を初めて申請または更新する場合、以下の条件を満たしていれば、面接を受けずに郵送でビザを申請することができます。

  • 日本国籍を有する
  • 日本に滞在している
  • F、Mまたは一部のJビザ(中高生、大学生、教授、研究者、短期滞在学者、専門家に限る)を申請する
  • 日本、米国、またはその他の国で逮捕されたことがない
  • 次のいずれかの条件を満たしている:
    • 過去にESTA(電子渡航認証システム) で渡米したことがあり、ESTA申請が拒否されたことがない
    • ビザの種類に関わらず過去に米国ビザを発行されたことがあり、ビザ面接時に10本指の指紋が採取されている

今回は初めての申請の方はESTAでのアメリカ渡航歴がある方、過去にアメリカのビザを取得したことのある方は郵送で申請ができるようになったようです。

昨年9月より多くの方が郵送でビザ申請をされておりましたが、面接を受けるよりも早くビザ取得手続きができるようになったと感じています。

ただしアメリカのビザ申請は随時情報が変わることがありますので、必ず最新情報をチェックするようにしてくださいね!

アメリカ留学に関するご質問はこちらから

LINE相談
LINEで相談
無料カウンセリング
電話相談
留学診断
留学診断

LINEで最新ニュースや新着記事をGET!

アメリカ留学.US公式アカウントにてアメリカ留学や現地の生活、ビザのことなど最新ニュースを配信しております!
ぜひお友だち登録をしてアメリカ留学についての情報収集をしてください♪

友だち追加