【3月1日】新五千円札の顔、津田梅子さんとアメリカ留学

日本では2024年にお札の顔が一新されますね!

1万円札は現在大河ドラマでも話題になっており、「日本資本主義の父」と称されている渋沢栄一さん、千円札は「日本の細菌学の父」と称されている北里柴三郎さん、5千円札は「女子教育の先駆者」と評される津田梅子さんと決まりました。

その津田梅子さんですが、実は日本発の女性の留学生でもあります。しかも留学した年齢が当時6歳!!

津田梅子さんはその後アメリカで教育を受け、11年近くの間アメリカで過ごし、17歳で日本に帰国したそうです。

再度アメリカのペンシルバニア州にある世界最高峰の女子大学と呼ばれる私立リベラルアーツカレッジのブリンマー大学へ留学したそうです。

津田梅子さんはその後、1900年に津田塾大学を創設し、女子にも教育を受けることや女性の地位向上、英語教育や英語で学ぶことの重要性を謳ってこられました。

彼女の活躍より女性の英語教育や留学もできるようになってきたと思うと大変感慨深いですね~。