アメリカ大学付属語学学校での語学留学

アメリカ留学 / コースで選ぶ / 大学付属語学学校

大学付属語学学校とは

大学付属語学学校とは、アメリカの大学が提供している英語プログラム(ESLプログラム)であり、もともと大学入学を目指す留学生のための集中英語研修プログラムとして設立されたものです。そのためアカデミックな英語を学ぶ事に重点を置いており 、大学進学を考えている方に適しています。

単に英語力を向上させるだけではなく、大学教育で必要なリーディングや ライティング、文法力を身につけるクラスにも力を入れており、TOEFL(トフル)、GRE、GMATなど 、テスト対策を重視したクラスもあります。また、英語力次第では大学の授業を聴講することもできます。

プログラムは、セメスター(学期)制になっており期間が長いため、 学生ビザが必要である場合が多く、語学学校に通う段階から、しっかりと計画をたてる必要があります。

また入学日が決まっているため、私立の語学学校のように学期途中の入学はできません。

 

大学付属語学学校のメリット

ほとんどの大学付属語学学校は、 広大な大学キャンパス内にあり、語学学校生は現地の学生と交流しながら英語を学ぶことができるのが大きなメリットです。

大学キャンパス内にある図書館やスポーツジム、カフェテリア、学生会館などの大学施設を利用することができ、サークルにも参加できるので、アメリカのキャンパスライフをエンジョイできるでしょう。

また、大学キャンパス内に寮を併設している大学も多く、ホームステイのほか、学校の寮に滞在することも可能です。寮生活でもたくさんの留学生や現地の学生とコミュニケーションをとることができます。

大学付属に通う最大のメリットは、語学学校で一定レベルのクラスを修了した場合、 系列の大学にTOEFLを受験せずに入学できる点にあります。大学によっては、大学指定のテストの合格を条件としているところもあります。また、教師陣が英語教育に関連する博士号や修士号を持っているため、質の高い授業を提供しており、レベルの高いクラスを目指せば目指すほど、授業の内容が厳しくなりますが価値のある英語プログラムです。

 

大学付属語学学校の種類

大学付属語学学校には二つの種類があります。

ひとつは大学が独自に運営している語学学校で、大学のひとつのセクションとして運営されています。その大学に通う学生とほぼ同じステータスで大学の施設を利用することができ、学生ビザは大学から発行されます。

もうひとつは大学の施設を借りて、民間の企業が運営している私立の語学学校です。大学との強い関係を持ち、大学進学もスムーズです。大学が運営する語学コースに比べ、入学日や受講期間、コース内容が柔軟に設定されていることが多いのが特徴です。

どちらも留学生向けのアクティビティやイベントを開催したり、現地の学生との交流機会も設定されています。

まずは留学したい地域や大学をじっくりと選ぶことが大切です。

 

大学付属語学学校はこんな人におすすめ

大学付属語学学校への留学は、こんな人におすすめです。

  • その大学や提携大学への進学を目指している人
  • アメリカのキャンパスライフを体験したい人
  • アメリカ人大学生と交流したい人
  • 語学留学しながら大学の単位も取りたい人

 

大学付属語学学校の特徴

目的 – 専門学校・カレッジ・大学・大学院への進学を目指してハイレベルな語学力をつける
クラス人数 – 1クラス平均15人以上
入学時期 – 学期制(3〜4ヶ月毎)
留学期間 – 1ヶ月~1年間
コース種類 – 米国大学進学準備コース(TOEFL対策、レポートの書き方)、また一般語学コース。
ロケーション – 都市部よりやや近郊・郊外に多い
滞在先 – ホームステイ・学生アパート・大学の学生寮
メリット – 大学入学時のTOEFL・テスト免除、またキャンパス内の施設(図書館、ジム、カフェ等)利用が可能。

 

アメリカ留学.US では、数多くの大学付属語学学校をご紹介しています。
まずは専門カウンセラーにご相談ください!