OPT取得

アメリカ留学

将来のキャリアアップの為に英語を学ぶだけではなく、ビジネスの基礎知識を身に付けたい。
アメリカでインターンシップをすることにとても興味はあるけれど、英語やスキルに自信がない。

そんな方にオススメなのが卒業後にOPTの取得が可能なビジネス専門学校です。
ご紹介するビジネス専門学校の最大の特徴は、このOPTをたった1年学校に通っただけで取得できるということです。学校で学んだアメリカのビジネスの基礎を1年間のOPT期間中にインターンシップ生として実践することで、単に英語ができるというだけに留まらない、グローバルなビジネス知識、ビジネス感覚を得ることができるプログラムです。日本に帰国後のキャリアアップはもちろん、OPT取得者の中にはそのままアメリカで就職をする人も多く、あなたの可能性を広げる大きなチャンスとなります。

OPTとは

OPT(Optional Practical Training)とは、主に学校卒業後に、学校で学んだ分野を社会の企業や団体の中で実践する期間を指します。EAD(Employment Authorization Document)カードが証明書として発行され、最大で12ヶ月間フルタイムで仕事に従事することができます。期間は学校や、コース内容によって異なります。又、受入企業もしくは団体に認められれば、OPT期間中給与を得ることも可能です。

OPTの取得が可能なカレッジ

カリフォルニア大学デービス校の継続教育および専門教育のインターナショナルプログラムは、40年以上にわたり、アカデミックプログラムとグローバルパートナーシップを築いてきました。

UCLAエクステンションは全米で最も古く、アメリカ名門大学であるカリフォルニア大学ロサンゼルス校内に1919年に開校されました。

UCSDエクステンションはアメリカ名門大学のカリフォルニア大学サンディエゴ校の専門教育及び公共サービスに属しています。

「ビバリーヒルズ青春白書」の舞台で有名で、UCLAやUSCをはじめとするカリフォルニア州の4年制大学への編入者数が多い。

サンティアゴキャニオンカレッジはオレンジカウンティの北東に位置し、南カリフォルニアで最近に創立した2年制公立大学です。

1946年に創立された、オリンピックカレッジは大学編入プログラムや準学士号プログラムを始め、看護学学士プログラム、留学生のための集中英語コースなどを提供しています。

UCIは1965年に設立された比較的新しい大学ですが、西海岸を代表する大学のひとつとしての地位を確立しています。

1989年にコンピューターのスクールとして設立されたLAPCは、移民者向けの英語コースやアカウンティング、コンピューター、グラフィックデザインなどの専門コースを開講している職業訓練校です。