アメリカ留学に必要なビザ

アメリカ留学と一言に言っても、留学のタイプによって取得するビザが異なることはご存知でしたか?

アメリカ留学に必要なビザの種類、取得方法とそれぞれの滞在許可書について詳しくご説明します。

「ビザ」って何?

まず、豆知識として、アメリカに入国するためには、各種ビザが必要となります。ビザの概念とは一言でいうと「通行許可書」です。

それに加えて、実際にアメリカに合法的に滞在し学校に通うには「滞在許可書」が必要となります。どちらか一つだけを持っていたとしても、アメリカ留学を実現することはできません。

アメリカ留学のためには上記2つの「通行許可書」「滞在許可書」が必ず必要となります。

アメリカ留学のビザ① F-1ビザ(学生ビザ)

必要となるケース:大学、短大、語学学校への留学の場合

F-1ビザはアメリカ留学において、一番一般的な学生ビザです。

アメリカ内の認定大学、短期大学、私立高等学校、認可された英語プログラムなどで教育を受けることを希望する場合は、F-1 ビザが必要となります。また、週18時間以上の授業を受ける場合もこちらの F-1 ビザが必要です。

その場合は、通学を希望する学校から「滞在許可書」となるI-20という書類を発行してもらう必要があります。こちらのI-20は、アメリカでの修学と合法的な滞在を許可する書類となります。

そちらのI-20が発行された後に、アメリカ大使館、領事館でのビザ面接を行い、面接に合格すれば、無事にビザ発行という流れになります。

ここで注意しなければいけないのは、アメリカの学校から入学許可とI-20の発行がないとアメリカ大使館、領事館でのビザ面接が受けられません。
アメリカ留学をご希望の方は、まず通学希望の学校を探し入学手続きを進める事が必要ですね。

例えば、Aさんがアメリカの短期大学に留学したい場合は、短期大学からの入学許可とI-20を発行してもらい、アメリカ大使館、領事館でF-1ビザ発行のビザ面接を受けるという流れになります。

アメリカ留学のビザ② M-1 ビザ(専門学生ビザ)

必要となるケース:専門学校に留学する場合

M-1ビザは前述したF-1ビザと性質は似てますが、ただの学生ビザではなく、専門学生ビザとなります。

アメリカの教育機関で非学術的もしくは職業的な教育または研修を受けることを計画されている場合は、M-1 ビザ取得が必要です。多いのが、メイクやジェリーデザインなどの技術取得のために専門学校に通う場合はM-1ビザを取得します。

M-1ビザの取得の流れは、F-1ビザと同様になり、専門学校から入学許可とI-20を発行していただき、アメリカ大使館、領事館でのビザ面接となります。

例えば、Bさんがアメリカのメイク専門学校へ留学を希望する場合は、専門学校からの入学許可とI-20を発行してもらい、アメリカ大使館、領事館でM-1ビザ発行のビザ面接を受けるという流れになります。

アメリカ留学のビザ③ J-1 ビザ(交換留学ビザ)

必要となるケース:交換留学の場合

J-1ビザは14のカテゴリーがありますが、ここでお伝えするJ-1ビザはアメリカ留学の特に、提携された学校間での交換留学で使われる交換留学ビザのJ-1ビザに関してご説明します。

J-1ビザ取得のためには、F-1、M-1ビザと同じくまずは学校からの「滞在許可書」が必要となりますが、J-1ビザの場合は、この「滞在許可書」をDS2019と呼びます。こちらのDS2019を持って、アメリカ大使館、領事館でのビザ面接を受けるようになります。

例えば、Cさんが通っている日本の大学の授業の一貫で、アメリカの提携校へ交換留学を行う場合、アメリカの提携校からDS2019を発行してもらい、アメリカ大使館、領事館でJ-1ビザを受けるようになります。

アメリカ留学のビザ④ ESTA(ビザ免除プログラム)

必要となるケース:超短期の留学の場合

ESTAは、観光や商用目的で90日以下の渡航をする場合、渡航証明として事前に申請が必要になります。前述した3つのビザと異なり、取得には、アメリカ大使館、領事館でのビザ面接や多くの書類の提出は必要なく、オンラインから簡単に申請ができます。有効期限は申請をした日から2年間で、有効期間内であれば、再申請は必要なく何度でも使用することができます。

旅行では、ESTA使ったことがある方が多いかと思いますが、実は、留学するときもESTAを利用することができます。ただし、ESTAを使った留学の場合、いくつか条件があります。

留学中の修学時間は週に18時間未満で、滞在期間はESTAが有効な90日以下の滞在でなければいけません。
例としてよくあるのが、90日以下のアメリカ留学期間で、語学学校へ週に18時間未満、午前中だけ授業を受けて午後は観光をするという方も多くいらっしゃいます。

具体的な申請方法は下記のアメリカ税関・国境警備局のページから申請をします。
https://esta.cbp.dhs.gov/
申請には、有効期限内のパスポートと申請費用($14)支払いのためにクレジットカードが必要となります。

超短期的に週18時間未満のクラスでアメリカ留学を考えられている方には煩雑な手続きも必要がないので、ESTAを利用してのアメリカ留学もおすすめです!

アメリカ留学に必要なビザの種類と取得方法

アメリカ留学に必要なビザに関して、主に一般的な4つのビザをご紹介いたしました。こちらの記事を読んでいただいて、アメリカ留学のイメージやビザに関して少しでも理解が深まっていると嬉しいです。

また、留学はしたいけど、何から準備したら良いかわからないという方も、弊社にて無料カウンセリングを行っておりますので、ぜひ、ご活用くださいね!