サンディエゴ語学留学で多国籍の友達ができた!

サンディエゴ留学体験談

<留学生のプロフィール>
T・Nさん(大学2年生・男性)
留学タイプ:私立語学留学
留学先:CELパシフィックビーチ校
留学期間:約7週間


今回アメリカ留学を決めた理由は?

高校生の時に3週間のホームステイに行ったことがきっかけで、大学に入ったら留学をしたいという思いがありました。大学生活に変化があり、自由な時間ができたので夢をかなえたいという思いと、時期的にはラストチャンスであったことから、留学を決意しました。

なぜサンディエゴに行こうと思いましたか?

ひとつ目の理由は、高校の時にアメリカのユタ州にホームステイをしたので、まずはアメリカで!どうせ行くならホストファミリーに会いに行きやすい場所が良いと思ったからです。

ふたつ目の理由は、事前に留学の資料を見て環境が良さそうだなと思いました。西海岸のカリフォルニア州だったら、自然もあり、気候も良く、交通機関もしっかりしているという点でサンディエゴは留学に最適だと思ったからです。

サンディエゴ留学

語学学校やクラスの雰囲気はどうでしたか?(人数、国籍、授業内容など)

授業内容は主に文法と会話の授業で、2日に1回リーディングとライティングのクラスがありました。また、毎週月曜日にテストがありました。先生方はとても優しく丁寧に指導してくださいました。

パシフィックビーチ校は比較的人数が少ないので、授業内外を問わず会話する時間がたくさんありました。1クラスの平均人数は5,6人で、主にスイス人が8割でその次に多いのがブラジル人、また韓国から政府のプログラムで来ている人達が短期間ですがいました。

当初、日本人は4~6人のみで、学校の全体数も25人位でしたが、逆にそれが良かったと思いました。人数が少なかったからこそ違うクラスの人とも気軽に挨拶を交わすことができ、仲良くなった友人が多くできたのだと思います。

休み時間は学校の外に出たところにある駐車場でスケボーをしたり、スナックを食べながら話をしたり、クラスの枠を超えた交流がありました。学校ではほとんど英語漬けの環境でした。

平日授業の後は何をして過ごしましたか?

学校があるビルの下にGYMがあったので、入会してワークアウトをしていました。また友人とパシフィックビーチ沿いを散歩したり、1回だけサーフィンを借りて挑戦したりしました。学校の近くにスーパー(トレジャージョーズ)があったので、ほぼ毎日行っていました。

学校のアクティビティはボルボアパーク内にある現代アート美術館に行く回の一度だけ参加をしました。私は一度しか参加ができませんでしたが、アクティビティはCELダウンタウン校とも合同で実施されていたのでキャンパス間の交流も広がり、いつもとは違う人と会話をする機会があったので、英語を学ぶとても良い機会だったと思います。

サンディエゴ留学

滞在先はいかがでしたか?

私はダウンタウン校近くのスタンダードレジデンスのシングルルームに滞在をしていたのですが、最低限のものは揃っていたので良かったです。共同のキッチンがあって毎日自炊をしていて、主にパスタやオムライス、チャーハン等を作っていました。

朝はシリアルやパンを食べていました。ちなみに私の滞在していたレジデンスからパシフィックビーチ校に通っていたのは、私の他には韓国人3名のみでした。彼女達とは一緒にご飯作ったり一緒に学校に行ったりしていました。バス停やトローリーの駅は歩いて10分程の距離にあり、パシフィックビーチ校までは30分程でした。

尚、リトルイタリーの近くに住んでいたので、物価は少し高めでスーパー(ラルフス)は少し遠かったです。

パシフィックビーチの街はいかがでしたか?

雰囲気はとても良かったです。落ち着いているし、観光地(海の街)なので高い建物も無く、のんびりした雰囲気でした。留学をするには最適の場所です!

ランチは学校の近くにあったSquare Pizzaというピザ屋やFive guysというハンバーガーショップ、自営のコンビニがあって、そこでは手作りのサンドイッチが売っていたのでよく友達と買いに行っていました。

また、学校の近くにお気に入りのカフェができて、そこのコーヒーがとても美味しく、店員の方とも仲良くなりました。最初の頃は会話が早いなと感じましたが、日を重ねるうちに聞き取りもスムーズにできるようになりたくさん話せるようになりました。

自分の英語の上達を感じられる機会を得たことや、学校の先生以外で現地アメリカ人と話すという機会が持てた事は良かったです。

サンディエゴ留学

ご自身の英語力は伸びたと思いますか?

はい、英語を話す機会も多く、実感はしています。1ヶ月経ったくらいで現地での生活リズムや授業のペースの感覚がつかめてきました。また、学校以外で英語を話す機会を自分で作っていくようにしていました。

本来ならばもっと長くいる予定でしたが、短期でも十分英語力の向上は図れたと実感しています。実は寝言を英語で言っていたこともありました・・・!それくらい英語に浸れていたのかなと思います。

サンディエゴ留学で思い出に残った出来事を教えてください!

学校で友達になったスイス人の学生とロサンゼルスに日帰り旅行に行ったことです。サンディエゴからロサンゼルスまではアムトラック(列車)で行き、ロサンゼルスに着いてからはレンタカーを借りて、私の運転でハリウッドやサンタモニカ等の観光地に行きました。

お互い英語がネイティブではない中で、何とか意思を伝えようと英語を話し続けられたことと、私にとって初めて外国人と旅行に行けたことは、得難い経験であり、一つの大切な思い出です。

また、学校で友達になった韓国人でサンディエゴにパイロットの研修で来ているという人にも出会いました。学校の友達とはまた違った人達と出会うことができて良かったと思います。

現地で出会った友人たちとはSNSで繋がり、連絡を取り合っています。いつかお互いの国に行く機会があれば、また、会えると良いなと思います。

アメリカ留学を考えている人に一言!

もし留学に行くことに迷っているなら、まずは行動に起こした方が良いです。現地に実際に行くのと行かないとでは、0と100の違いがあります。物事を見る視野が大きく広がります。

留学では様々な国の学生と触れ合うことで、全く違う感覚や価値観を肌で感じることができます。短期でも長期でもまずは行ってみる!そこに大きな価値が必ずあります。


留学したのはこの学校!

英語プラスアルファの経験ができる!リアルなカリフォルニアライフを重視した語学学校