【アメリカの大学・ボストン留学体験談】実際のオンライン授業ってどんな感じ?

今回は、ボストンの短大に留学中のS.Aさんから、留学までの経緯、現地での様子、実際のオンライン授業事情についてお話ししていただきました。

<留学生のプロフィール>
S.Aさん(大学生・女性)
留学タイプ:正規留学(9月~)、現在は大学付属の語学学校にて勉強中
留学先:ワシントン州ボストン
留学期間:2020年3月~

なぜアメリカの大学に進学しようと思ったのですか?

きっかけは進路をうまく決めることが出来なくて悩んでいた時に、たまたまネット上でとある留学エージェント会社の広告を見たことでした。

アメリカは1年次や2年次が一般教養なので入学時点で専攻を決めなくてよい大学もあるのですが、その時は自分が将来何をしたいのかを絞れていなかったので、様々な体験をしながら専攻を決められることに魅力を感じました。

また、色んな分野に興味があったので、専攻を二つ選んだり、主専攻と副専攻を取れたりすることにも魅力を感じました。

ボストン(チェストナットヒル郊外)はどんなところですか?

ボストンはアメリカで最も歴史の旧い街の一つで、中世ヨーロッパのような街並みが特徴的な都市です。

学生の街と言われていて、美術館があったり、様々な教育機関や学生が集まっていたりします。

ダウンタウンからは海も近くて、とても景色がいいです。危ないところも少しはあるようですが、他のアメリカの都市に比べると比較的治安も良いと思います。

チェスナットヒル郊外は高級住宅街なので、周りの家が大きかったり、高級そうな車がたくさんあったりします。緑も多くてとても気持ちがいいです。

オンライン授業で良かったところ、困ったことなどはありますか?

オンライン授業で良かったところは、朝の支度が楽なことです。登校する必要がないのでぎりぎりまで寝ていられます。

また、またパソコンで授業を受けるので、授業中でも調べものができるのはとても便利だと思います。

困ったことはリスニング教材の音質が悪くて聞き取り辛いことがあることと、オンラインだと授業の進みが遅いので、授業時間が少し延長されることです。

よくオンラインだと発言がしづらいのではと言われますが、オンラインだからこそ積極的に発言するようにと心がけている内に、自然と発言できるようになり、授業には積極的に参加できています!

現在、外出禁止で過ごしていると思いますが、毎日どのようにして過ごしていますか?

大学キャンパス内の様子1
大学のキャンパス内の様子2

昼食と夕食を取りに行くとき以外は基本的に自分の部屋で過ごしています。

授業が9時半から16時半までなので、午後の時間は宿題をしたり、他の教材やネット上で英語の勉強をしたりしています。

行動範囲等が限られている中で、英語力をつけるために何か心がけていることはありますか?

今は国際交流できる機会がほとんどないので、オンライン授業のクラスメイトとSNSを通じて積極的に交流するようにしています。

週末はクラスメイトと散歩に行くこともあります。また、英語を聞く機会が普段よりも少ないので、Netflixやネット上の無料オンライン講座を英語で見るようにしています。

一回目は字幕あり、二回目は字幕なしで見てみて、聞き取れなかったら何度も戻って表現を確認したりしています。

確かに行動は制限されてしまっていますが、授業や寮は他の留学生と同じなので、日本にいた時よりもモチベーションは高く保てています。

このような状況下で自分の時間がたくさん持てるからこそ、うまく有効活用していきたいと思っています。

今後の留学生活の中での目標や将来のゴールなどがあれば教えてください。

1つの目標は英語をビジネスレベルで使えるようにすることです。

様々な価値観を持った人と交流することによって、広い視野を持てるようになりたいと思っています。

将来は経営と現場の両方を理解しながら、ボトムアップ的な経営ができるような人材になりたいです。

また、アメリカの大学は日本にはない研究分野や学問がたくさんあるので,日本では珍しいものも学びたいと思っています。

今後アメリカの大学留学を目指している方に、何かアドバイスやメッセージがありますか?

アメリカ大学留学はただでさえ勇気がいて大変なものだと思いますが、今はコロナウイルスの影響もありとても先が見通しづらくなっていて、更に大変になってしまっていると思います。

アメリカでも大学の経営統合や学生が寮を追い出されてしまった話なども聞きます。

正直私もこの先どうなるのかはっきりしていなくてとても不安ですが、留学エージェントのアドバイザーさんと二人三脚で頑張っている感じです。

また、経営が悪化する中、私たち留学生のことを気にかけて下さっている大学の先生方もきっとたくさんいらっしゃるのだと思います。

私はこんな時だからこそ視野を広く持って、様々な進路を残しつつ、自分がやりたいことを諦めないでいられたらいいのかなと考えています。

皆さんが無事、実りのあるアメリカ大学留学をできることを祈っています。

SKYUSは、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴにオフィスを持ち、アメリカの進学/留学プログラムをご提供しております。

アメリカの留学やビザについて、現地の最新情報などを随時、配信しておりますので興味をお持ちの方はLINEから、お気軽にご相談ください!

友だち追加