アメリカの大学に進学・留学する方法

アメリカ大学留学

アメリカの大学に進学したい!と思って調べ始めると、大学がたくさんありすぎてどうすればいいかわからない・・・という方も多いのではないでしょうか。

日本人の留学先トップのアメリカでも特に人気がある「大学進学」について、進学方法の種類や出願に必要な書類について詳しくご説明します。

- 目次 -

  1. アメリカ大学進学の基礎知識
  2. アメリカの大学に入学する方法は?
  3. アメリカの大学進学に必要な書類
  4. アメリカ大学進学・留学よくあるご質問

アメリカ大学進学の基礎知識

まずは、アメリカの大学の大きな特徴を理解しておきましょう。

入試はなく書類審査で合否が決まる

まず、アメリカの大学に進学するには試験での一発勝負ではなく日々の努力が必要です。日本のように全員が一斉に試験を受けるような受験ではなく、基本的には書類審査だけで合否が決まります。

書類審査で評価されるのは主に、高校3年間の成績、留学生の場合は英語力、そしてエッセイや推薦書でアピールできるスポーツ、ボランティア、委員会活動などの課外活動も評価の対象になります。

日本では入学できればOK、という雰囲気なので、入学するための試験の一発勝負のために必死で勉強しますね。しかしアメリカでは高校3年間(アメリカでは4年間ですが)を通して、大学進学に備えた準備をしていくのです。評価されるのは試験の点数ではなく、3年間の頑張り、日々の努力、そして書類を通してアピールされる人物的な魅力なのです。

そのため、アメリカの高校生が大学進学のために受けるSATなどの試験も1回ではなく何度でも受けられるようになっていますし、留学生が受けるTOEFLも、何度か受けた中で良い点数を提出することができるようになっています。

大学入学後もレベルアップをしていくのが一般的

また、アメリカでは入学後にも課題や試験で良い成績を収めていかなければ、留年や退学になってしまいます。このように聞くと厳しいように思われますが、アメリカの大学では最初は自分のレベルに合った大学に入学してがんばりながら良い成績を取る努力をし、よりレベルの高い大学や、自分が学びたい分野が専門的に学べる大学へ編入したり、奨学金を獲得したりします。

入学した大学=卒業する大学 ではないパターンが多いのが、アメリカの大学システムの大きな特徴です。

大学のスポーツチームに入った場合も、成績が落ちると退部になってしまうので、選手たちも文武両道でしっかりと勉強しています。大学で良い成績を収めることは、就職やインターンシップでも有利になったりするのです。

アメリカ大学進学

アメリカの大学に入学する方法は?

アメリカの大学に入学する方法はいくつかあります。ここでは代表的な4つの方法をご説明します。

  1. 四年制大学に直接入学する
  2. ESL / 語学学校で英語力を上げてから進学
  3. パスウェイプログラムから進学
  4. 二年制カレッジから編入する

※ここでお伝えするTOEFLやGPAの基準は目安であり、大学やカレッジによって基準は異なります。
※GPAは高等学校の評定平均値で、アメリカの大学では4段階評価で判断します。

1.四年制大学に直接入学する

<このような方におすすめ>
●英語力も高校の成績も基準をクリアしている場合
●入学したい大学が決まっている場合

必要な英語力 (目安)名門大学の場合:TOEFL 100 以上
優秀な大学の場合:TOEFL 80 程度
一般的な大学の場合:TOEFL 60 ~ 70 点程度
高校の成績 (GPA)名門大学の場合:GPA3.0以上
優秀な大学の場合:GPA2.5~3.0程度
一般的な大学の場合:GPA2.5程度

TOEFLなどの英語力試験の点数と、高校の成績の両方の基準をクリアしている場合は、大学に直接入学できます。

直接入学するための基準は大学によって様々ですが、目安として下記の基準を参考にしてください。

名門大学に進学したい場合は、SATが求められます。SATとは日本で言うセンター試験のようなもので、アメリカ人生徒も受験します。科目は英語と数学ですが、アメリカ人用のテストなので、かなりのレベルの英語力が必要になります。

また、直接入学の場合は入学後すぐにアメリカ人学生と同じクラスで学ぶため、しっかりとついていけるように英語での読解力や発言力を高めておきましょう。大学によっては留学生用のプレセッションがあったり、大学付属語学学校で直前の英語コースを受講しておくことも、フレッシュマンとしてスムーズな学生生活を送る準備になります。

2.ESL/語学学校で英語力を上げてから進学

<このような方におすすめ>
●高校の成績はクリアしているが、英語力が足りない場合
●入学したい大学がある程度決まっている場合

必要な英語力(目安)TOEFL 60 以下
高校の成績 (GPA)GPA 2.5 以上

英語力が大学の基準に達していない場合は、大学付属語学学校(ESL)や私立語学学校に入学し、まずは英語力を身につける必要があります。

大学付属語学学校の場合はレベルが上がれば大学の授業を取り始めることもできるので、効率的に進学できます。

私立語学学校の中には提携している大学にTOEFL免除で進学できるコースもあるので、大学のウェブサイトなどでリサーチしてみましょう。

TOEFLの点数が少し足りない場合は、まず大学に直接入学申請をして、「条件付き入学(Conditional Acceptance)」を取ることもできます。大学付属語学学校で英語を学び、一定基準をクリアしたら大学の入学を許可する制度です。

🔗大学付属語学学校の一覧はこちら

3.パスウェイプログラムから進学

<このような方におすすめ>
●英語力が少し足りない場合
●いきなり入学するのが不安な場合

必要な英語力(目安)語学学校のプログラム:基準なし
大学のプログラム:TOEFL 50 ~ 60 程度
高校の成績 (GPA)GPA 2.5 程度

●語学学校のパスウェイプログラム

一部の語学学校では大学やカレッジと提携してパスウェイプログラムを提供しています。語学学校の場合は一定のレベルをクリアすると提携大学にTOEFLを受験しなくても入学が許可されます。

語学学校のパスウェイプログラムでは総合的な英語力の底上げに加え、大学で必要となるアカデミックイングリッシュやアカデミックスキルの授業も提供されています。

●大学のパスウェイプログラム

大学によっては留学生用の「パスウェイプログラム」を開講しています。(University Pathway, Bridge Program などとも呼ばれます。)

パスウェイプログラムでは、留学生がESLコースを履修しながら、学位取得のための単位としてカウントされるコースを履修することができます。このプログラムの期間は約1年で、プログラムを提供している大学への「条件付き入学許可(Conditional Acceptance)」が与えられます。これにより、留学生はプログラムを修了すれば、自動的に大学に入学でき、4年間で卒業することを可能にしています。

いきなり正規の学部に入学してエッセイを書いたりテストで良い点数を取るのは大変難しいことです。パスウェイプログラムは留学生対象で、大学で必要となるエッセイやレポートの書き方などのアカデミックライティング、ディスカッションやプレゼンテーションの方法なども学ぶことができるので、進学準備と単位取得の両方を同時に進めることができます。

ただし、パスウェイプログラムからの進学ができる学部が限られていることもありますので、選んだ学校でどの学部に進学できるかもしっかりと調べましょう。

🔗 大学進学準備ができる学校はこちら

4.二年制カレッジから編入する

<このような方におすすめ>
●英語力も高校の成績も足りない場合
●留学費用をなるべく抑えたい場合

必要な英語力(目安)TOEFL 46 ~ 70 程度
高校の成績 (GPA)問わないカレッジが多い

アメリカ大学進学は一発勝負ではないことをお伝えしましたが、4年制大学に進学するための英語力や成績が足りていない場合も、ステップを踏んでレベルアップを狙うことができます。

多くの二年制のコミュニティカレッジは、四年制大学に比べて入学基準が低く設定されているため、留学生にとっても入学しやすくなっています。

まず入学できるレベルのカレッジの編入用コースに入学し、そこで良い成績を取り、よりレベルの高い四年制大学に編入します。この方法は、留学生だけでなく現地のアメリカ人学生も一般的に行っており、各カレッジも編入希望者のために取得単位のアドバイスや編入手続きなど、充実したサポートを提供しています。

アメリカの大学進学に必要な書類

アメリカの大学受験は書類審査です。どのような書類を提出するか、ご紹介します。

  • 入学申請書(オンラインの場合も多い)
  • 高校の英文成績証明書
  • 英語力証明(TOEFL, IELTS, Duolingo, 英検 など)
  • SATスコア(入学基準が高い四年制大学の場合のみ)
  • エッセイ
  • 推薦書
  • 銀行残高証明書
  • ヘルスフォーム(予防接種の履歴など)
  • ポートフォリオ(アート・建築などの学部の場合)

アメリカ大学進学・留学よくあるご質問

Q. アメリカの大学の入学時期は何月ですか?

A. アメリカの大学では、どの学期からでも入学できるようになっていますが、多くの学生は8月~9月のFallから入学します。アメリカの大学には2学期制と4学期制があり、2学期制の場合はFall Semester(8月下旬)とSpring Semester(1月)の2回、4学期制の場合はFall Quarter(9月)、Winter Quarter(1月)、Spring Quarter(4月)、Summer Quarter(6月)の4回入学できるタイミングがあります。

Q. アメリカの大学は卒業するのが大変って本当ですか?

A. 日本の大学は入学することが大きなハードルになっていますが、アメリカの大学は入学してからの成績が大変重要視されます。成績が取れなければ単位を落としたり、退学になってしまうこともあります。そして成績は定期試験の点数だけではなく、授業中のディスカッションやプレゼンテーション、エッセイなどの提出物も評価されるので、常に勉学に励む必要があります。アメリカの大学に進学すれば周囲も勉強をする雰囲気なので、自然としっかりと勉強しようという気持ちになりますし、アメリカの学生はオンとオフの区別をしっかりと付けているので、趣味やスポーツなどの時間もしっかりと確保して楽しんでいます。
しかしあくまでも、日本と比べてアメリカの大学ではしっかりと勉強をしなければいけないということなので、そこまで厳しい環境だと構える必要はありません。

Q. 日本の大学を辞めてアメリカの大学に入学できますか?

A. はい、日本の大学からアメリカの大学に編入する方も多くいらっしゃいます。その場合は高校と大学の両方の成績証明書を提出します。日本の大学に1年以上在籍している場合は日本で取得した単位の互換ができることもありますので、進学したい大学に個別に問い合わせが必要です。

Q. 夏休みなどに日本に帰国することはできますか?

A. はい、6月~8月にかけての夏の長期休暇やクリスマス休暇に日本へ一時帰国する留学生も多いです。大学に在籍している場合は卒業まで学生ビザがありますので、日本や他国を行き来しても問題なくアメリカに入国できます。

Q. アメリカでアルバイトはできますか?

A. 学生ビザでアメリカに滞在する場合、アメリカでの就労は禁止されています。ただ、週20時間以内であれば、大学内のカフェテリアや学生寮などの限定された場所でアルバイトをすることは可能です。慣れない環境での海外生活で、学業面でも忙しいので、アルバイトで生活費を稼ぎながら勉強するということは考えないほうがいいでしょう。


どの進学方法が合うか迷ったらご相談ください

アメリカにはたくさんの大学があり、レベルも様々です。星の数ほどある大学の中からご自身に合った学校を選ぶのはとても大変です。

アメリカ留学.us ではアメリカの教育事情に精通したアドバイザーが、しっかりと卒業につなげられるアメリカ大学進学をアドバイスいたします。

まずはお気軽にご相談ください!

LINE相談
LINEで相談
無料カウンセリング
電話相談
留学診断
留学診断