アメリカの大学に編入する

アメリカでは、入学した大学と卒業した大学が違う、というパターンも多くあり、編入が一般的に行われています。
最終的に目指す大学を決め、そこに行くためにはまずどのカレッジや大学からスタートするか、など学歴を戦略的に考えることも求められます。

コミュニティカレッジ・大学から他大学への編入

アメリカでは、コミュティカレッジから大学への編入や、大学から別の大学へ編入することが一般的に行われています。
アメリカの大学の最初の2年は一般教養科目を履修するため、コミュティカレッジで一般教養学などの「大学編入プログラム」を取れば、別の大学の3年次に編入することが可能です。

アメリカの大学は単位で運営されているため、編入先大学でどんな科目が必要なのかを事前に知っておけば、コミュティカレッジでうまく単位を取得ができ、編入先大学でスムーズに単位移行ができるでしょう。

コミュニティカレッジからカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)やコロンビア大学などのトップ大学への編入も目指すことができます。

 

日本の短大や大学からアメリカの大学への編入

日本の短大や大学からアメリカのコミュニティカレッジや大学へ編入することも可能です。
入学審査の際、英文成績証明書や必要に応じて英文カリキュラムを提出することで、日本で既に取得した単位をアメリカの大学の単位に互換することができ、1年次から入り直す必要はなくなります。

日本の大学に入学したものの、アメリカ留学の夢が諦められない、
大学で短期留学を経験したが、もっと長期で本格的に留学したくなった、
そんな大学生の方が、アメリカへの大学編入を実現させています。

互換できる単位数は受け入れ側の大学が判断するもので、審査を出してみなければわかりません。
もしアメリカの大学への編入を考えている場合は、今在籍している大学では互換しやすそうな一般教養科目(英語以外)を選び、なるべく良い成績をおさめるようにしておくことで、互換できる単位数を増やすことができます。

 

編入に必要な英語力、成績

コミュニティカレッジを卒業後に大学に編入する場合は、英語力よりも成績が重要です。評定平均値(GPA)は少なくとも2.5以上(4段階評価)が必要とされています。
ただし、アメリカトップ大学へ編入する場合は、評定平均値だけでなく、TOEFL iBT®などの英語試験も求められることがあります。

編入できるコミュニティカレッジ・大学

シティライフと雄大な自然の双方を満喫できる世界レベルの名門大学

都市部でも自然に囲まれながら修学されたい方にオススメ!

アメリカでは珍しい授業料がアメリカ現地学生と同額で、生活費を抑えられ、日本の市立大学へ通うくらいの授業料で留学可能な学校です!

エル・カミノカレッジは、ロサンゼルス郡のトーランスに有る、公立の2年制コミュニティカレッジです。在校生徒数も2万5千人と大規模な学校になります。年間500名前後のインターナショナルの学生が就学し、卒業後カリフォルニア州の4年生大学への編入しています。

コントラ・コスタ・カレッジは、カリフォルニア州サンパブロにある公立コミュニティカレッジです。1946年に開校し卒業生の殆どが、卒業後に4年生大学への編入をされています。

レーン・コミュニティ・カレッジは、アメリカ合衆国オレゴン州ユージーンにあるコミュニティ・カレッジです。全体性と数も約9000人と比較的小さめのカレッジになります。その内の約400人が海外からの学生さんが就学をされております。  

1946年創立の伝統あるニューヨーク州立コミュニティーカレッジ。インターナショナルアドバイザーの手厚いサポートがあり安心です!  

オレンジコーストカレッジは、カリフォルニア州オレンジカウンティのコスタメサにある公立コミュニティカレッジです。 1947年に設立され、平均生徒数も2万2千人と大規模なコミュニティカレッジです。