大学院進学

アメリカの大学院

アメリカでは大学院のことを Graduate School (略してGrad School) と総称しますが、学術系全般を研究する Graduate School と専門スキル (医学、看護学、法学、エンジニアリング、ビジネス) を研究する Professional School と大きく二つに分けることができ、修士課程 (Master’s Degree) と博士課程 (Doctoral Degree) の学位を取得することができます。

アメリカの大学院は様々な専門分野を深く研究することができるので、日本のように大学を卒業してすぐに大学院に通うというよりは、社会人経験を経てからキャリアアップのために大学院に行く方や、自分の専門分野をより深めるために通う方も多く、大学院生の年齢層は非常に幅広いと言えます。

日本と大きく違う点として、理系・工学系分野においては、大学院の授業料を支払らわず、逆に研究予算の一部を給料として大学から受け取ることができます。そのため、アメリカの大学院で理系・工学系の研究を行う場合は、多大な留学費用を費やさずに留学することも可能です。

文系分野でも、TA(Teacher Assistant)として大学で働くことで、大学院で研究しながら最低限の生活費用を大学から給料を受け取ることも可能です。

 

大学院から入学許可を取得するために必要なもの

全国共通の大学院テスト、英語力、大学の成績、エッセイ、推薦状などから総合的に判断して合否が決められます。全国共通の大学院テストは Standardized Test といって民間企業団体によって運営されています。

ビジネススクール、メディカルスクール、ロースクール以外で使われる試験はGRE®です。ビジネススクール(MBA)ではGMAT™、メディカルスクール(医学部)ではMCAT®、ロースクール(法学部)ではLSAT®が使われます。

理工系分野や芸術系などの特定の分野では、自身が発表した今までの研究論文の提出や、発表した芸術作品や演奏などのポートフォリオの提出も必要になることがあります。

大学院進学については専門的な知識が必要となります。
手続きをスムーズに進めるためにも、まずは専門カウンセラーにお問合せください。

当サイトが提供している大学院過程

シティライフと雄大な自然の双方を満喫できる世界レベルの名門大学

アメリカでは珍しい授業料がアメリカ現地学生と同額で、生活費を抑えられ、日本の市立大学へ通うくらいの授業料で留学可能な学校です!

アットホームで治安が良く、留学生も過ごしやすい環境の中規模大学。ウィンタースポーツも楽しめます!

ニューヨーク州立大学パーチェス校はニューヨーク州立大学機構64校の1校で、リベラルアーツカレッジの中でも芸術に特化した大学です。

ニューヨーク州立大学ジェネシオ校はニューヨーク州立大学機構64校の1校であるが、リベラルアーツカレッジとして1871年に創立されました。

ニューヨーク州立大学ニューポルツ校は、ニューヨークシティに近い立地を活かした国際関係学やビジネスが人気です。

UCRは、ロサンゼルスから70キロ郊外に離れた場所にありますが、大規模な大学としても有名であり、とても綺麗な環境の良い学校です。

Fashion Institute Of Technology(FIT)は1944年、服飾美術界にもMIT(マサチューセッツ工科大学)のようなハイレベルな学校が必要だと考えたMortimer C. RitterがMITの名称に由来させて設立したファッション・デザイン専門大学で、キャンパスはニューヨーク、マンハッタンのミッドタウンに位置しています。