【12月15日】ESTA申請の際パスポートのアップロードが必要に

12月9日にアメリカ大使館ビザ課のTwitterが更新され、ESTAの申請時にパスポートの身分事項(顔写真ページ)を最初にアップロードすることが必要になったことが発表されました。

試しにESTAの公式サイトから申請ページに行ってみると、免責事項とThe Travel Promotion Act of 2009に合意したあと、「旅券をアップロード」の画面に切り替わりました。

こちらの画面はPCからアクセスしている場合は自動で出てきますが、スマホの場合は「旅券をアップロード」の下にある「説明」ボタンを押せば出てくるようです(こちらの画面右上の×を押せばPCにも同じボタンが出てきます)。

「旅券をアップロード」のボタンを押すと、「HOW TO UPLOAD YOUR PASSPORT」の画面に移動します。

アップロード方法を確認後、「操作の継続」を押すと画像選択(スマホの場合はその場で写真撮影も可)画面に切り替わりますので、身分事項のページをアップロードすればOKです!

※説明に記載されているように、アップロードできるファイル形式はgif, png, jpg, jpegのみです。PDFやHEICなどはアップロードできませんのでご注意ください。

☆ESTAに関する過去のニュースもご覧ください!

ESTA知っておくべき6つのこと

キューバ渡航歴のある方はESTAで渡航ができなくなりました

陸路でアメリカに入国される方もESTAの取得が必要に!

アメリカ留学に関するご質問はこちらから

LINE相談
LINEで相談
無料カウンセリング
電話相談
留学診断
留学診断

LINEで最新ニュースや新着記事をGET!

アメリカ留学.US公式アカウントにてアメリカ留学や現地の生活、ビザのことなど最新ニュースを配信しております!
ぜひお友だち登録をしてアメリカ留学についての情報収集をしてください♪

友だち追加