大学進学準備コース

アメリカの大学に進学するための準備コース

アメリカには、留学生向けの大学進学準備コースを提供している語学学校が数多くあります。TOEFL試験対策や、大学の授業で必要となるディスカッションの方法、レポートの書き方、プレゼンテーションスキルなどを学べる学校もあります。
また、学校によっては大学やカレッジと提携し、TOEFLスコア免除で進学できるシステムを持っています。大学・カレッジ進学を成功させるため、ぜひ上手に活用しましょう。

大学進学準備コースを提供する学校

東海岸にあるコネティカッ州はアメリカで二番目に小さな州で、ニューブリテンはコネチカット州の中央に位置し、ニューヨークやボストンから車で2時間ほどの距離で、街は治安がのんびりした印象です。

ラガーディアコミュニティカレッジは、CUNY(City University of New York)グループの2年制大学のひとつで、LaGuardia Community Collegeの語学学校『The English Language Center (TELC)』は、ニューヨークエリアで最も大きな規模を誇る大学付属の語学学校です。

ロサンゼルスのグレンデール付近に位置している四年制大学で、ESL、看護学部、音楽学部、デジタルアート学部があり、音楽、デジタルアート学部には学士、修士コースがあります。

セントジャイルズ サンフランシスコ校は、サンフランシスコの中心地にあり、周りには、たくさんのカフェやレストランがあります。

イリノイ大学シカゴ校の付属語学学校Tutorium in Intensive Englishでは、大学進学の為、又日常生活で必要とされる英語力の向上を目指して世界中から留学生が集まっています。

1946年に創立された、オリンピックカレッジは大学編入プログラムや準学士号プログラムを始め、看護学学士プログラム、留学生のための集中英語コースなどを提供しています。

学校はニューヨーク州立大学のなかでも最大の規模を誇り、全米の公立大学でもトップクラスの学校として有名です。

オレゴン州立大学は、同州のオレゴン大学や西海岸の主要有名大学系列「PAC12」の内の一校として、優れた教育プログラムをアメリカ人の生徒、多くの留学生に提供しています。