アメリカでのステータスチェンジ(ビザ申請代行)

アメリカ留学 / 会社概要 / ステータスチェンジ(ビザ申請代行)

滞在ビザの変更申請はお任せください

ステータスチェンジとは、アメリカに滞在しながら、別のビザ滞在ステータスへ変更することを言います。アメリカのビザは、滞在目的に合わせてビザの書類が異なりますので、滞在目的が変更になり、現在お持ちのビザでは合法的に滞在することができなくなる場合には、アメリカでの滞在ステータスの変更を移民局に申請しなければいけません。ビザというのは、アメリカ国内では発行することができませんので、滞在ステータスのみを変更することで、合法的にアメリカに滞在することができるようになります。

例えば、現在語学学校に通っていて、これからインターンシップをしたいという方は、J-1ステータスに変更することで、有給で働くことができるようになります。

また、ステータスチェンジは、移民局に申請後平均して許可がおりるまでに2〜3ヶ月の期間がかかりますので、できるだけ早めに申請手続きを行うようにしてください。

ビザ申請手続き代行

弊社では、以下のようなさまざまなステータスチェンジ手続きの代行を行っております。申請手続き方法を間違えると移民局からステータスチェンジの許可がおりないこともありますので、慎重に進めていく必要があります。弊社では多くのステータス変更の手続き実績がございますので、安心してご相談ください。

F-1からM-1へのステータスチェンジ

現在、F-1ビザを持っており、これから専門学校に通われる場合には、学生ビザでもM-1ビザが必要になります。同じ学生ビザであっても、F-1からM-1に変わる場合には、移民局へのステータス変更申請が必要になります。

その他のビザからステータスチェンジ

その他、H4ビザからJ-1やF-1ステータスへの変更、L-1からF-1ステータスへの変更手続きなどの申請代行も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

ステータスチェンジ注意点
ステータスチェンジは、あくまでもアメリカでの滞在ステータスのみを変更するためですので、保持しているビザが変更になるわけではありません。ステータスチェンジ後、アメリカ国内に滞在し続けることは問題ありませんが、日本へ一時帰国するなど一度アメリカ国外に出てしまうと、再入国のためのビザがありませんので、日本にある在米大使館・領事館にて再度ビザ申請面接を受ける必要があります。

無料カウンセリング実施中

学校の詳しい情報、留学後のキャリア相談、留学費用など
お気軽にご相談下さい。

電話でのお問い合せ
03-5786-1850
(受付 10:00-18:00 日・月・祝日休み)